So-net無料ブログ作成

卵は1日何個食べていいの?コレステロールの嘘と栄養について [食べ物]

卵は1日1個のウソとは?



約100年前の話、
草食動物であるウサギに卵をあたえたところ、
動脈硬化が起きました。

なぜか、草食動物に動物性タンパク質である卵を与えれば
おかしな影響が出ると分かりそうなものではありますが
この実験から
卵を食べる⇒コレステロールとりすぎ⇒動脈硬化の原因
という謎理論が起きました。
ダウンロード (2).jpg
そこから卵は1日1個が望ましいという話が
今日でも、言われ続けているところがあるようです。

実験自体が突っ込みどころが多いものであって、
信用性がないとのこと。

今では完全に、卵は1日1個まではじゃいけないという説は
であるということですね。


1日に何個まで卵を食べていいのか?



1日に3個程度のタマゴの摂取については特に問題ないと
最近では変わってきているようです。

正常な人に1日2~3個タマゴを1か月食べ続ける実験では
特に変化が見られなかったという結果があります。



ただまだ研修不足な点があって、
既にコレステロールの数値が高い人に
大量に卵を食べてもらうというような実験はできていないらしく
(まあ当然そうだとは思う)

コレステロールが高めの人にはどうでるか
はっきりと言えない部分もあるそう。

なので1日3個程度食べても問題ないのは正常な大多数の人であって
疾患を持つ人は気を付ける必要があるだろう。

ちなみに低コレステロールでもさまざまな疾病の
発症リスクになるのです。
具体的には低コレステロールはうつ病の発症
関係しているとの東京都老人研究所の報告がありますね。



卵の素晴らしき栄養と効能




・8種類の必須アミノ酸を含み、タンパク質のバランスのよさを表す
 アミノ酸スコアが100点満点という素晴らしく栄養のある食材
 (脳の機能を高めるコリンや目に良いルテインなど)

・免疫力をあげるビタミンA

・新陳代謝を活発化させるビタミンB群

すなわち完全栄養食品
むしろ摂取を控えすぎるとメリットよりもデメリットの方が大きい!!

老化やボケ防止にも繋がります!!



まとめ



・コレステロール云々の卵は1日1個までは嘘である


・卵は完全栄養食材なので1日に2~3個程度はどんどん食べよう





スポンサーリンク
     


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。