So-net無料ブログ作成

コーヒーのダイエット効果は?便秘改善?副作用とは? [食べ物]

コーヒーは体に良い?悪い?



コーヒーは体に悪い、そういわれている時期もあり
敬遠していた人も少なくないと思います。

発がん性物質があるのではないか?
などありましたよね。

でも最近はコーヒーは実は体に良いのではないか
という話もありますね。
ダウンロード (2).jpg

実際どっちなんだということで、
コーヒーの効果をまとめてみました。

コーヒーの成分



コーヒーの98~99%は水分です。
かろうじてタンパク質や資質もありますが微々たるものです。
よって基本的に栄養はそんなにないです。
また(ブラックなら)カロリーも全然ありません。

コーヒーにはカフェイン、クロロゲン酸、タンニン、
ポリフェノールなどが含まれています。

カフェインは聞いたことあるくらい有名ですよね。
実はこのカフェインの効果がすごいんです!!

成分の効果について見ていきましょう!

カフェインの驚くべき効果


カフェインの効果は以下のようになります。

・眠気を覚ます、疲労を軽減し集中力の持続に効果的
・呼吸機能や運動機能を上昇させる
・排尿を促す
・消化の促進
・二日酔いを軽減する
・物忘れしにくくなる
・腸の働きを良くする=便秘症状に有効


他の成分の効果では、

・ポリフェノールの効果消化器官系のがんの予防
・飲酒の際の肝臓の負担を軽くする
・動脈硬化の予防
脂肪燃焼促進
・抗酸化作用による老化防止

などなど素晴らしい効果が盛りだくさん!!
これはたまりません!

ダイエットしている人にも勧められている理由がわかりますね!

便秘には特に朝にコーヒーを飲むとよさそうですね!
おなか.jpg
脂肪燃焼効果がある上に、
身体能力の向上にも貢献してくれますからね。
こりゃ間違いなく効果はありそう!

減量に最適じゃないですか!
ただ糖分と同時に摂取すると効果が下がるという話もあります。


コーヒーの身体へのデメリットや副作用は?



ここまで絶賛してきたコーヒーですが、
もちろんいい話ばかりではないのです。

デメリットや悪い影響、副作用についても見ていきましょう!

・消化性胃潰瘍の可能性が高まる
・タンニンによる貧血の可能性
・独特の口臭の発生
・尿管結石の可能性が高まる
・とりすぎによるカフェイン中毒の可能性


コーヒーはにんにくなどの食べ物が原因の口臭を
防ぐ効果があると同時にコーヒー自身が口臭の元となる可能性が
あるのですねー
気を付けなければ

1日5杯程度までに抑えた方が良いみたいですよ。

どのような食べ物についても同じですが
取りすぎは毒にしかなりませんね。

それと質の良いブラックコーヒーの話なので
注意してください
缶コーヒーは余計なものがかなり入っているのでご注意を!
詳しくはこちらの記事をコンビニのコーヒーは危険!?缶コーヒーは?

ちなみに言われていた発がん性物質については
最近の研究ではコーヒーとがんの発生については因果関係がない
ということだそうです。
よかった!

コーヒーは適度に楽しめばかなり効果が期待できる
素晴らしい嗜好品ですね。

自分もこれからは3杯程度毎日飲もうかなー

関連記事コンビニのコーヒーは危険!?缶コーヒーは?


スポンサーリンク
     


タグ:ダイエット
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。